×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ヒアルロン酸は歳とともに減少します。

ヒアルロン酸がお肌の悩みや関節の痛みに有効であるといいますが、飲むヒアルロン酸は
みなさんご存じでしょうか?
飲むヒアルロン酸はキューピーのヒアルロン酸やエバーライフの「皇潤」などからサプリメントとして
発売されています。
ヒアルロン酸は加齢とともに減り続け、成人以降には胎児のときと比べて4分の1程度にまで
減ってしまいます。

ヒアルロン酸は普通の食生活からはなかなか摂取する事が難しいですし、ヒアルロン酸の代謝も
非常に早いため成人の場合は十分なヒアルロン酸量を維持していくことは難しいと考えられます。

ではヒアルロン酸とは一体どんな性質があるのでしょう。
ヒアルロン酸の特徴は優れた保湿力です。
ヒアルロン酸は保湿性に優れ、1グラムで6リットルの水分を保持できます。
いわばスポンジが水を含んだ状態です。
皮膚の中では真皮という部分にコラーゲンが沢山あり、そのコラーゲンの間を埋めているのが
ヒアルロン酸です。
肌のヒアルロン酸量が多いと皮膚にはりが出てきます。
赤ちゃんの肌が瑞々しいのはヒアルロン酸を多く含んでいるからです

飲むヒアルロン酸で老化による様々な障害を回避できます。

ヒアルロン酸を多く含む食物は代表的な物で鶏のトサカや牛の眼球に多く含まれます。
鶏のトサカなどに含まれるヒアルロン酸を直接口にするのは抵抗があります。
ヒアルロン酸は加熱する事に弱い性質を持っているので食事から摂取する事は難しいのです。
飲むヒアルロン酸などで摂取することが簡単で効率的にヒアルロン酸を摂取出来る方法といえます。
飲むヒアルロン酸のなかでもヒアルロン酸と低分子ヒアルロン酸があるのをご存じでしょうか?
ヒアルロン酸の成分吸収と成分分子量の関係で、分子量の大きすぎるヒアルロン酸は飲んでからの
体内への吸収が悪くなり、ヒアルロン酸の効果が期待できないということです。

天然のヒアルロン酸は人間だと、皮膚や関節、目、脳などのさまざまな部位に存在しています。
動物でもおなじように、牛の目の硝子体の中や、骨関節中のヒアルロン酸、鶏のトサカなどに
天然のヒアルロン酸が多く含まれることが分かっています。
ヒアルロン酸が不足すると動脈硬化の要因になります。
飲むヒアルロン酸でしなやかな血管を維持していくことが老化による様々な障害や、多くの病気の
要因を回避する事に繋がります。

ヒアルロン酸は加齢とともに減り続けます

飲むヒアルロン酸の効果について考えてみましょう。
飲むヒアルロン酸は荒れて乾燥した肌に効果があります。
ヒアルロン酸の効果の関係を調べていくとコラーゲンと密接な関わりがあることが分かります。
コラーゲンは細胞そのものを形成しているたんぱく質で肌の弾力を作る働きがあります。
繊維質で真皮に張り巡らされていてバネのように皮膚を押し上げ肌の張りを生みます。

ヒアルロン酸は繊維状になったコラーゲンとコラーゲンの網目に張りやみずみずしさを保つ
役割を持ち、同時にコラーゲンに栄養を与える働きもします。
コラーゲンが不足すると保湿や肌の弾力を失います。
いわばコラーゲンがスポンジで、ヒアルロン酸がスポンジが吸っている水の関係でしょうか。
ですから飲むヒアルロン酸をどんなに飲んでも、ヒアルロン酸を吸い取るスポンジの
コラーゲン自体が不足していると、コラーゲンの特徴である保湿を囲い込む働きがうまく作用できず、
飲むヒアルロン酸の効果が作用しづらくなるようです。
飲むヒアルロン酸を選ぶときはヒアルロン酸とコラーゲンの両方の成分が入っているか、
確認するとよいでしょう。

Copyright © 2008 ヒアルロン酸、加齢とともに補充しましょう